20代は転職で色々な可能性を拡げられる!20代のためのジョブチェンジ情報を紹介

20JC|20代からのジョブチェンジ

転職体験談

製薬会社の営業職で同業他社転職をした28歳女性の体験談

投稿日:9月 15, 2018 更新日:

28歳で営業の経験を活かして同業他社に転職

転職前は国内の製薬会社で営業として法人営業の仕事をしていました。いわゆるルート営業だったので、ルートに沿った営業とあまり売り込みをかけなくてもよい製品の押し込みなど、退屈な営業活動が多かったです。

新製品に対する売り込みをかけることに会社自体が逃げ腰であったことにも不満がありました。

わたしは比較的外交的で人と話をするのが好きなこともあり、営業職の経験を活かして新しい製品を売るなど目新しい活動をしたかったので、同業他社に転職をしました。

転職後は年収アップし職務内容も満足

自分で仕事を組み立ててクリエイティブな営業活動ができています。また、基本給もあがりましたし、営業手当もあがりました。インセンティブボーナスも増えて(成績によりますが)、年額にして100万円は軽く上がりました。

会社に入って資格試験を受けなければならなかったのがちょっとマイナスです。また、製品によるトラブルが多く、クレーム対応に追われるのがつらいです。また、ある程度裁量労働の部分があるため、結果的に拘束時間が長くなることが多くなっています。

転職活動は在職中にJACリクルートメントを活用

転職活動当初は登録していたリクナビNEXTを利用していたのですが、自分で求人を探すことが億劫になり、JACリクルートメントという転職エージェントサービスを利用しました。

転職の際に求めたものは職務内容の向上など

転職活動で変えたかったこと(改善したかったこと)は以下の通りです。

【1】職務内容

特に具体的にどのように仕事をすすめていくのか、どのくらい案件を扱い、権限をまかされるのか。

【2】年収(給料)

前職も決して悪いわけではなかったのですが、ステップアップをはかり給料自体のベースアップを図りたいと思っていた。また、成績に見合った給料、インセンティブ等に興味をもっていた。

【3】勤務地

その時住んでいたところから極端に遠くへいくことは考えてはいませんでした。

転職活動はじっくり求人を探して半年かかった

転職活動の最初の4ヶ月ほどはリクナビNEXTを使って自分で活動していたので、ほとんど進みませんでした。1社に応募して書類選考に落ちて、JACリクルートメントを利用し始めました。

それからは2社に応募して2社とも書類選考を通過し、採用面接も2社とも内定を得られました。

転職活動初期は相談相手がいなくて辛かった

とにかく周りに気づかれないようにしたかったので、誰にも相談ができなかったことがつらかったです。会社を早く辞めたいと思う気持ちと『自分が何をしていきたいのか?』という葛藤、その辺を誰にも相談できなかったのがつらかったです。

在職中の転職は試験日程調整で苦戦

在職中に転職活動をしていたため、面接や試験といった日程調整が大変でした。また、内定を1社もらった時点で、最終的に転職する会社の1次面接にうかる、という事態になりましたので1社目に断りをいれるのかどうかにとても悩みました。

中途採用面接で質問されたのは職務についてがほとんど

転職のきっかけはなんですか。

もっと自由に仕事を組み立ててやっていきたいとおもいました。新規を獲得するような仕事をしたいと思いました。

英語はしゃべれますか

留学の経験はありませんが、嫌いではないのである程度は問題ないのと、これからもブラッシュアップしていきたいと思っています。

『働く』ということはあなたにとってなんですか。

まずは『飯のタネ』だと思います。お金をかせぐことだとおもっています。そして自分をいろいろと豊かにしてくれるものだと考えています。

20代での転職活動では自己分析にとくに力を入れて成功

自分にできることをかなり掘り下げて、新しい会社の人に伝えることができたのがよかったと思っています。

また、落ち着いて新しい会社の業務内容をきくことにより、自分のしたいことや性格とよく合っていることをうまく伝えることができたのではないかと思っています。

-転職体験談

Copyright© 20JC|20代からのジョブチェンジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.